フォトブック選び方・比較一覧

ネットで作成・注文できるフォトブック提供サイトを比較しています。

説明

フォトブックには、サイズの違い、表紙の違い(ハードカバー、ソフトカバー)、質感の違い、印刷方式の違いにより単純比較はできませんが、なるべく条件が近いもので比較しています。

サイズによる料金比較は、各詳細ページをご参照ください。

参考:A4サイズ / A4スクエア / A5サイズ / CD(A5スクエア)サイズ

フォトブックを選ぶには、どのサイズで作成するかをまず決める必要があります。料金が気になると思いますが、まずはサイズを決めないと、なかなか先に進みません。1,000円以内、2,000円以内と予算を決めても、作成段階で結局サイズ選びになりますので、サイズを決めてから、予算の範囲内で選択する方がスムーズになります。

人気のサイズは、本格的に作れるA4サイズ、お手軽に作れるCDアルバムサイズの12cm~15cmの正方形タイプ、A4より小さめで価格が安いA5サイズ、大きめ正方形の21cm×21cm(A4スクエア)などがあります。※サイズが大きくなるほど料金は高くなります。

次に表紙です。ソフトカバータイプとハードカバータイプがあり、一般的にソフトカバータイプが割安になりますが、重量感のある高級仕上げにしたい場合はハードカバータイプがオススメです。

説明4

簡単に言えば、小さいサイズのソフトカバータイプほど安く、大きいサイズのハードカバーの方は高くなりますが高級感が出ます。

また、大きいサイズは1ページに写真を多く、大きく配置できますので、印刷したい写真が多い場合は、結果的に安くなる場合もあります。

サイズ、表紙、そして1冊何ページで作成するかで料金が変わります。各社により、最小構成ページ数が異なり、ページ数が増えるごとに追加料金が発生します。何枚の写真を使って何ページで1冊を作成するかです。これでおおよその1冊の料金が決まります。

本サイトでは、下記のサイトの比較をしています。

フォトレボ
7色印刷で、写真の綺麗を超える超キレイ品質です。A5横向きフォトブックが格安980円から、結婚式用の超高級フォトブックまで作成できます。複数冊の注文で割引が受けられるボリュームディスカウントもあります。

フジフォトアルバム
高品質のハードカバー本格仕上げになります。銀塩方式を採用した写真品質、完全見開きのフルフラット対応です。A4縦向き、A4スクエア、B5縦向きサイズが特別価格でお勧めです。

DPE宅配便 らくらくフォトブック
銀塩写真方式、フルフラット対応です。ハードカバータイプだけでなく、ソフトカバータイプの取り扱いもあり、特にソフトカバータイプは格安で作成できます。横向き仕様もお薦めです。1冊6ページから、写真が少ない方にもお勧めです。

ビスタプリント
ページ中央部分が山なりにならず、完全に見開きできるフルフラット対応のフォトブックを安く作成できます。1冊のページ数が多く、ページ単価が安く、最大120ページまで増やせます。特大A3スクエアも安く作成できます。1冊から送料無料。

マイブック
無料の編集ソフト「MyBookEditor4」を使って、より自由に編集・加工ができます。ミニサイズからA4サイズまで細かいラインナップがあります。20年以上の実績があります。6冊以上のおまとめ注文で5%OFF~。

photoback
帯付きで書籍をイメージしたフォトブックが作成できます。L判相当サイズ、文庫本サイズの小型サイズも充実しています。フォトブックでは珍しい海外発送対応です。

フエルフォトブック
通常のフォトブックに加えて、後からページを増やせるフォトバインダー、ビス式フォトブックが作成できます。

フジフイルムモール
簡単にフォトブックが作成できるフジフイルムモールのフォトブックです。写真の自動レイアウト、自動色補正機能があります。ハードカバータイプとソフトカバータイプで仕様が異なり、ハードカバータイプなら写真仕上げ、フルフラット対応です。

BON Order Book
MUJIBOOKS(無印良品)が推奨するフォトブックサービスです。丈夫でシンプルをコンセプトに、A6、A5、B4サイズのみ作成できます。1冊24ページ、48ページのみで、細かなページ追加はできませんが、ページ単価は最安級です。

各サイトによって強みが違いますので、注文内容を決めてから比較すると分かりやすくなります。

  • 編集ソフトが正常に動作しない場合

    お使いのPCのセキュリティソフトがブロックしている場合があります。その場合は、個別に編集ソフトの許可設定を行うか、一時的にセキュリティソフトをOFFにしてお使いください。