レビュー!ビスタプリント作成してみた(商品画像あり)

ビスタプリントのフォトブックを作成しましたので、簡単ではありますが、作成から受取・商品仕上がりの紹介記事になります。

※スマホ/タブレットからの画像閲覧には対応しておりません。

フォトブックの作成

フォトブックの作成は、ブラウザ(オンライン上)作成とフリーの編集ソフト作成の両方に対応しています。

一般的にはブラウザでの作成が簡単で、編集ソフトでの作成は自由度が高くなりますが、編集ソフトでの作成が特段難しいというわけではありませんので、お時間があるのなら自由度の高い編集ソフトでの作成がお薦めです。

ただ、ビスタプリントに関しては、基本的な部分の作成方法に大きな違いは無いようなので、お好きな方で良いかと思います。

今回は編集ソフトで作成しています。

編集ソフトで作成

編集ソフトで作成する場合に、最初に選択画面が出ます。
・【クイック挿入】⇒写真が多い場合やフォトブックを素早く作成したい方
・【手動挿入】⇒写真を手動で配置。自由にレイアウトが可能

最初に選択しますが、クイック挿入を選択しても、編集途中で一旦保存すれば、手動挿入に切り替えできますので、最初から手動で作成してもいいですし、クイック挿入でとりあえず作成して手動で仕上げることもできます。

作成・注文

操作に関しては、それほど難しいものではありませんので、慣れて頂くしかないと思いますが、Word、エクセル等を使用されている方なら直感的に問題なく利用できると思います。

フルフラットに対応していますので、左右2ページを使ったワイドな写真配置などを作成の際には意識されてみてはいかがでしょうか。

今回はワイド感を活かすためにA4横向きを作成しています。

ビスタプリントは、最小構成1冊24ページですが、4,500円以上で送料無料の条件を満たすために、今回は4ページ追加して28ページにしています。A4サイズで作成する場合は、4ページ追加すれば送料無料になりますので、ページ追加のオプションもお薦めです。

ビスタプリントフォトブック1冊の厚み
【1冊28ページの厚さ約15mm】

また、新規の方は、初回会員登録時500円OFFなどのクーポンが届きますので、クーポンを利用される方は実際にはもう少しページを追加することができます。ページを追加せずに、クーポンを送料分の割り引きに当てても良いと思います。

条件は変わる可能性がありますが、私が登録した時は3,000円以上で使える500円OFFクーポン、5,000円以上で使える1,000円OFFクーポンが会員登録と同時にメールで届きました。送料無料の条件は、クーポンを適用した割引後の価格、かつ税別価格で4,500円以上になる必要があります。


【編集画面の左下に現在のページ数で作る税別価格が表示されます】

梱包・到着日

注文時にお届け予定日が表示されますが、表示されたお届け(到着)予定日は8日後で、実際に発送されたのは5日後でした。

千葉県より発送、宅配業者は佐川急便です。お届先住所によって到着日は1日、2日程度は前後するのではないでしょうか。

ビスタプリントフォトブック梱包状態
【梱包状態】

ビスタプリントフォトブック開封状態
【開封後】

フォトブックサイズ・中身

※画像はクリックで大きくなります。

A4コピー用紙との比較画像です。

ビスタプリントA4フォトブック大きさ比較
ビスタプリントA4フォトブック大きさ
ビスタプリントA4フォトブック大きさ

ほぼ同じサイズですが、若干短く、若干幅が広くなります。気にするほどの違いではありませんが参考までに。

表紙光沢仕上げ
【光沢仕上げ】

ハードカバー表紙
【ハードカバー表紙】

ハードカバーの表紙です。画像では分かりにくと思いますが、表面は光沢仕上げになっています。ハードカバーの厚さもしっかりしています。

フルフラット仕上げ

フルフラットで、全ページ中央部分も180度(フラット)見開きできます。

フルフラット仕上げ全体画像

フルフラットで左右2ページを使っても、ページ中央部分(継ぎ目)が見切れたり、膨らんだりしませんので、左右両面に渡った写真配置が可能です。今回は、横向きで左右2ページを使いましたが、流石に画像が大きいです。このあたりはワイド感を出したいなら横向きですが、左右2ページを使うならA4縦向き仕様でも良いのかなと思いました。

A4横向きの場合は4枚写真を並べると、1枚あたりがL判サイズ前後の大きさになります。こういう配置にしたい場合は縦向きより横向きのフォトブックの方が適しています。

参考:DSCサイズ(89×119mm) / L判(89×127mm) / ハガキ(100×148mm)
L判は昔のフィルム写真サイズ、DSCはデジカメの画像比率4:3に合わせて作られた写真サイズです。

あまり並べすぎると1枚あたりの写真が小さくなります。ちなみに9分割だと以下のようになります。

この場合の1枚あたりの大きさは約70×90mm程度です。9分割まですると、写真の一部分をズームアップするか、全体的に縮小して配置するかのどちらかの選択が必要です。個人的にはA4横向きなら9分割までは許容範囲です。それ以下のサイズで作るなら、1ページに配置する写真は少なめの方がいいのではないでしょうか。

ビスタプリント向いてる人、向かない人

ビスタプリントはソフトカーバーの取り扱いがありませんので、価格重視の方は他社のフォトブックのほうが安く作成できます。

ただ、ハードカバーで作成する場合は、最小構成1冊24ページ仕様で、1ページあたりのページ単価は最安級のフォトブックです。(他社は1冊10ページ前後が多くなります)

この1冊24ページからと言う仕様も写真が多めの方向けになりますので、選択する際の一つの指標になります。ページは最大120ページまで増やせますので、多くの写真を1冊にまとめたい方にもお薦めです。

サイズは、A5縦、A4スクエア、A4縦/横、A3スクエアの5種類があります。人気のサイズは一通り揃っています。

ビスタプリントフォトブックサイズ一覧

»ビスタプリント サイズ別価格

ページ数の多さは、特にサイズが大きいほど割安感がでます。フォトブックはサイズが大きくなるほど価格が上がりますが、特大のA3スクエアも24ページ仕様で、ページ単価は非常にお得になります。

また、今回のようにフルフラットを活かした写真配置にしたい方やページを開いた時に中央部分が盛り上がるのが嫌だなと言う人にもお薦めの選択肢です。

»ビスタプリント公式サイト